演劇集団SINKは、2009年に篠原功が旗揚げし、自身で脚本と演出を手掛けている。

2015年8月にプロデュース団体から劇団にし、現在に至る。

現代の様々な問題や事件をモチーフにしたリアルかつ切り口の鋭い作品に定評がある。

(C)2016 SINK MANAGEMENT OFFICE NANSEIKADOBEYA inc.